初回施術の流れ

投稿日
2017年3月23日 (最終更新:2017年3月23日)

初回施術の流れ

①カウンセリング

カウンセリングのイメージ

はじめにご記入いただいたカウンセリングシートをもとに
お話をうかがっていきます。

症状のことだけでなく、
「最近なんとなくだるい…」「眠りが浅い気がする」といった身体のことや、
「この前家族にすごく嫌なことをいわれたんです」「最近意味もなくイライラするんです」といった精神的なことまで、何でもご相談ください。

もしかしたらその中に、症状の原因が隠れているかもしれません。

矢印のイメージ

②検査

検査のイメージ

立った状態・座った状態・寝た状態の3段階の姿勢で、

腕を上げたり足を曲げる等の動きをしていただき、あなたの身体の弱点を見極めます。

骨や筋肉、神経などの組織は全て連動しているので、

このような姿勢と動きを組み合わせた検査により、症状の原因が特定できます。

身体の弱点がどこか分かったら、今度は弱点の箇所をより詳しく見ていきます。

例えば足がグラついているなら、体重が外側か内側のどちらにかかっているのか、

指の骨や甲の骨はどのように歪んでいるのかなどを、実際に触って確かめます。
また、施術前後の変化を実感していただくため、全身の写真を後ろと横から撮影いたします。

矢印のイメージ

③原因や通院ペースなどの説明

説明のイメージ

症状の原因は、施術者だけが分かっていても意味がありません。

あなたにもしっかり自覚していただき、日常生活でも気を付けていけるよう、納得いくまで説明いたします。

それから、あなたの症状が改善に向かうまでどのくらいの期間が必要なのか、
1ヶ月に何回くらい通えばいいのか等を明確にお伝えいたします。

通院ペースや費用のことなど、不安なことは全て解決し、安心していただいたうえで、施術に入っていきます

矢印のイメージ

④手技施術

手技施術

カウンセリングと検査で分かったあなたの症状の原因を解消するための施術をおこないます。

この施術により、全身の歪みや関節の可動域、筋肉や筋膜、体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の循環、内臓、神経などの機能制限をトータルに整えることができます。

軽く押さえる程度の痛くない整体で、
筋肉や神経などの組織をつぶすことなく身体へのダメージを最小限に抑えます。

矢印イメージ

⑤施術後の検査とアドバイス

イメージ

症状の原因がしっかり解消されているか、再度検査をおこない確かめます。

また、客観的な変化も感じていただくため、施術前と施術後の写真を見比べて違いを説明いたします。

さらに施術の効果を高めるため、
ご自宅でできるセルフケアの方法や、日常生活で気をつけていただくべきことをお伝えいたします。